スマホの5Gって何?第5世代通信システムの基礎知識まとめ!

スマホの専門用語で良く目にすることが多い5G。第5世代通信システムのことを言う5Gですが、それがどのようなものなのか、まだまだ謎の部分が多くあるのではないでしょうか?

今回のコラムでは、新しいモバイル通信技術となるスマホの5Gについて、仕組みやできること、光通信との結び付きをわかりやすく解説してみたいと思います。

スマホの5Gとは?気になる仕組みを解説!

スマホの右上画面上にてよく見かける5Gは、

  • 5th Generationの略称
  • 第5世代通信システム

という意味がある通信技術のことを言います。

スマホの5Gの意味からイメージできるように、その世代には第4の4Gや第3の3Gの通信システムも展開され、5Gは今もっとも新しい通信技術として3、4Gとは違ったいくつもの特徴や利便性が。

ここではさらに詳しく、5Gの仕組みや特徴について見ていきましょう。

大容量の通信が高速でできる

スマホをはじめとするモバイル回線は、現在4Gが一般的になり、5Gはこの回線よりもひとつ世代が上がっているので、通信速度がよりスピーディーになっているという特徴があります。

5Gのもっとも大きな特徴となる、高速の大容量通信は、最大20Gbpsもの速度が可能になっているため、画像や音楽、動画などのあらゆるファイルのダウンロードがスピーディーになったり、動画の閲覧中にも再生中にフリーズしてしまうトラブルが少なくなります。

多数の同時接続が可能に

多数の同時接続も可能になる5G。

インターネットを利用するための回線には、その量に限度があるとされていますが、5Gの普及によって、接続できる機器の台数が増幅していきます。

また5Gでは、ライブといった動画視聴を同じタイミングでたくさんの人が視聴できる便利なメリットも備わっています。

遅延速度が小さくなる

第4世代通信となる4Gの場合は、遅延速度が約10msになっています。

代わって5Gの場合は、およそ1msまで遅延速度が小さくなるため、音声通話やビデオ通話によくありがちな遅さが少なくなり、スムーズなコミュニケーションが実現できます。

5Gの遅延速度はその他にも、医療や自動車関連の現場でも活用されることがあり、5Gの採用によって一瞬の遅れの見逃しが防げるようになります。

5Gは、決してあってはならない医療や警備システムでの遅延を未然に防ぐため、現代人の理想の暮らしやニーズに応じた通信システムと言えるのではないでしょうか。

5Gのニーズが高まっている理由

3G・4Gの通信レベルを超えた5Gは、なぜここまでニーズを高めているのでしょうか?

5Gの通信技術が必要とされている理由と、4Gよりも優れた5Gならではの特徴を合わせてチェックしてみましょう。

4Gネットワークの問題をクリアしているため

4Gのネットワーク技術は、混雑や遅延などが問題視されることも多々あり、5Gは安定した高速のネットワーク社会へと変えていくためにも必要な技術と考えられています。

ネットワークの需要は業界にかかわらず急増しているため、ダウンロードやインターネットの閲覧に必要以上に時間がかかってしまうと、業務の遅滞や個々が感じるストレスも強くなる懸念が。

5Gは、これまでの通信技術によくある問題をクリアした技術として期待されているため、ネットワーク環境の低速に伴うトラブルの回避・解決につながると言えるでしょう。

4Gネットワークよりも通信技術が飛躍しているため

4Gのネットワークよりも通信における技術やレベルが飛躍的に進化している5G。

4Gによくあるトラブルをクリアした通信技術が5Gとなっているため、モバイル端末はもちろん、あらゆる機器をストレスフリーで快適に使えるようになることも、5Gのニーズや必要性が高まっている理由です。

5Gがもたらすさまざまなメリットを解説!

最新の通信技術である5Gの普及では、現代人のストレスフリーなネットワーク環境が実現するだけではなく、数多くの業界にもさまざまなメリットをもたらしてくれます。

ここでは5Gが与える各業界へのメリットについて一緒に学んでみましょう。

5Gのメリット【交通編】

交通関連の5Gのメリットには、

  • 接近してくる車をリアルタイムで検知する
  • 信号機による交差点などの管理を徹底、効率化する
  • 5Gに特化したエッジ向けのサポート向上につなげる
  • 自動運転車の他の車との通信をサポートする

などがあります。

自動車をはじめとする交通関連の事故は後を絶たないため、5Gは事故やトラブル予防の指針にも働きかけることでしょう。

5Gのメリット【農業編】

2050年までには、98億人分の食物を生産する必要があると予測されている農業では、5Gの活用によって次のようなメリットができます。

  • 自動運転型の収穫機、トラクターの普及で農作業の効率化が実現できる
  • ドローンの利用による情報活用
  • 土壌の質や水分の変化、農作物の状態を素早く検知できる
  • 農業に必要な農薬や水、肥料の量を正確に検知、把握できる

5Gのメリット【医療編】

医療の業界に5Gを活用し、普及させていくことは、診察や検査、治療のスピードを向上させ、支援する他にも、次のようなメリットが期待できると言われています。

  • 人工知能のことをいうAIの活用
  • VR機能による遠隔治療の実現
  • 莫大な医療データへ瞬時にアクセスし、時短で必要な情報を収集できる

5Gのメリット【公共サービス編】

豊かで安心・安全な暮らしを維持していくためにもさまざまなメリットが期待できる5G。

公共サービスにおける5Gの活用や普及には、次のようなメリットがあります。

  • 位置情報や通信速度の精度向上
  • 緊急時にも迅速で連携の安定した対応を支援できる
  • 緊急時に特化したサービスやシステムの連携を強化する
  • 要救助者の位置をより正確に把握
  • 災害対応の効率化
  • ライフラインの安定化

公共サービスにかかわりのある5G普及は、安心の暮らしを守るためにもニーズの向上を期待しておきたいですね。

    5Gの活用で光回線・Wi-Fiは必要なくなる?

    5Gのスピーディーで安定した通信環境、数多くの特徴を理解すると、5Gの活用では光回線やWi-Fiの必要がなくなるのではないか?そんなイメージも自然に沸き起こってくるものですよね。

    ここでは5Gの利用と光回線、Wi-Fiのつながりについて、知っておきたい基礎知識をまとめてお伝えします。

    通信量を無限で使うことはできない

    5Gの活用では、通信量が無限になることはなく、スピーディで安定した速度であっても、利用シーン・通信料が多いと、月々に定められた利用制限額に達してしまうため、低速度の制限がされるようになります。

    また5Gと光回線を比べてみると、光回線はデータ量を気にする必要がない無制限の利用が可能となり、速度の面でも光回線が優れています。

    5Gに対応しているエリアは限定されている

    5Gの回線は、現在一般的に普及している4G回線に比べると、高い周波数の電波を利用しているため、幅広いエリアには対応できないデメリットがあります。

    そのため5Gの利用で光回線やWi-Fiが不要になることはなく、基地局の増幅によって対応可能なエリアが広がっていくと考えられています。

    まとめ

    これまで一般的だった通信技術の3G・4Gを大きく発展させた5G。

    この通信技術の普及は、インターネットの精度が高まることはもちろん、ネットワークの環境に幅を持たせての活用が可能になります。

    さらに5Gはストレスフリーなネット社会に必要不可欠な技術だと、納得・理解できるのではないでしょうか。