iPhoneとAndroidの違いは何?機能の比較とそれぞれの特徴を徹底解説します

スマホデビューをする際や、今使っているスマホの機種変をするときに、

「iPhoneとAndroidどっちがいいのかな?」

「iPhoneとAndroidそれぞれの特徴って何?」

「どっちの方がユーザーが多いんだろう…?」

などの悩みやギモンを抱いてはいませんか?

納得・満足のスマホを選ぶために、ここではiPhoneとAndroidの違いやそれぞれの特徴をわかりやすくお伝えしてみたいと思います。

iPhoneとAndroidの割合!日本と海外はどうなってる?

iPhoneとAndroid、どちらの端末を利用するかで悩んだ場合、日本と世界各国のユーザー割合を押さえておくことも新しい視点でベストな端末を見つけられる可能性が。

ここでは2022年の調査結果となる、日本と海外のiPhone・Androidのシェア率をわかりやすくまとめてみました。

  • 日本のiPhone、Androidのシェア率:iPhoneが49.7%、Androidが50.2%
  • 海外のiPhone、Androidのシェア率:iPhoneが41~49%、Androidが58~83.2%

日本でも海外でも、どちらかというとiPhoneよりAndroidのシェア率が高くなっていることがわかりますね。

ただiPhoneの人気・シェア率は、日本よりも海外の方が大幅に高いことも判明しています。

iPhoneとAndroidそれぞれの特徴を押さえておこう!

iPhoneとAndroid、どちらのスマホにしようか悩んだ際は、それぞれのスペックの特徴やメリットを押さえて目的や用途に応じた方を選ぶこともおすすめです。

ここではiPhone・Androidならではの魅力と人気のヒミツに迫ってみましょう。

iPhoneの特徴とは?

スタイリッシュなデザインも人気のiPhoneには、Androidには見られないような、次の特徴・メリットがあるんですよ。

優れたセキュリティシステム

安心・安全にスマホを使うために、セキュリティに関するシステムやレベルも重要視しておきたいポイントですよね。

iPhoneのセキュリティシステムは、販売ブランドのApple社によって厳しい基準となっているさまざまな審査をトータルでクリアしているため、品質の高さや安全性に優れているところもこの機種ならではの特徴となっています。

統一された操作機能と独自システムの採用

スマートフォンはさまざまな機能を用途や目的に応じて、できるだけ時間をかけずにカンタンに使えるところも選ぶ際の大きなポイントになるのではないでしょうか?

iPhoneはすべての機能やスペックをApple社によって考案・作られているため、機種変更をした際にも基本的なインターフェースが変わることがありません。

そのためiPhoneはスマホデビューのビギナーのユーザーにも使いやすく、

  • アプリケーションやウェブサイトの利用時間を管理、制限できる「スクリーンタイム」
  • 騒がしいスポットや離れた場所からでも相手の話声、周囲の音を聞き取りやすくする「ライブリスニング」
  • 近くにある他のApple製デバイスと画像やメモ、動画などのコンテンツをシェア、共有できる「エアドロップ

といった、iPhone独自の技術を採用しているところも注目しておきたいポイントです。

コストパフォーマンスが良い

スマホの機種変や新規の購入は、それなりに高額なコストがかかってしまうこともあるため、できるだけ長く使える、丈夫なスペックが理想的ですよね。

iPhoneは、OSのアップデートの保証期間が長めになっていて、OSとiPhone端末の両方をApple社がトータルでプロデュースしています。

そのため、過去の機種も含め、時短でアップデートが可能になり、優れたセキュリティシステムや利便性の高い機能をそのままに、長く使えるコスパの良さも人気のヒミツです。

Androidの特徴

Androidも、iPhoneには見られないさまざまなメリットがあります。

iPhoneよりもAndroidの機種を持とうと考えている人に向けて、このスペックならではの特徴とメリットをまとめてみました。

バリエーション・サイズが豊富に展開されている

スマホの見た目にもこだわりたい人に、Androidはバリエーション・サイズ感が豊富なところもおすすめのポイント。

AndroidはiPhoneの販売元であるApple社に比べると、世界各国のあらゆる機能がリリースしているため、好みのデザインやサイズ感に応じた機種を選べるメリットがあります。

リーズナブルな価格である

Androidは世界各国のさまざまなブランドからリリースされているため、競争率が激しいことで、スペックが優れているのにリーズナブルに買える端末が多い傾向にあります。

ワンセグ・フルセグ機能搭載

以外に知られていないのですが、iPhoneは専用のツールを購入・取付しないと、ワンセグやフルセグの視聴ができません。

Androidには、ほとんどの機種にワンセグ・フルセグ機能が付いているため、通話やメールばかりではなく、テレビを見ながらの幅広い活用も実現できます。

iPhoneとAndroidはどこがどう違う?さまざまな機能を比較

iPhoneとAndroid、どちらの端末を選ぼうか悩んだ際は、ふたつのさまざまな機能を見比べながら、自分がスマホに求めるスペックが備わっているかどうかを確認しておくこともおすすめ。

ここではiPhone・Androidの主な違いをさまざまな視点から比較してまとめてみました。

iPhoneとAndroidの性能を比較!

iPhoneとAndroidのもっとも気になる性能を比較してみると、

  • 防水や防塞:iPhoneはほとんどの機種に搭載、Androidは一部の機種のみ
  • カメラ性能:iPhoneは1200万画素、Androidは特化した機種で1億を超えるものも
  • おサイフケータイの対応:iPhoneはApplePay、Androidは機種によってさまざま
  • ワンセグ:iPhoneはナシ、または設定やツール購入が必要、Androidはほとんどワンセグ対応
  • microSDカード:iPhoneはナシ、Androidは機種によって搭載されている

iPhoneとAndroidのアプリの使いやすさを比較!

スマホ利用でメインに使用することが多い、アプリのインストール。

  • iPhoneの場合:Applestoreからのインストール
  • Androidの場合:Googleplayからのインストール

となり、アプリのラインナップに大きな差はないと言われています。

ただ、OSのバージョンが古くなった際、Androidは機種が豊富なことで、OSが古くなるとアプリが使えなくなるデメリットがあります。

iPhoneとAndroidのバッテリー減量のスピードを比較!

いつも快適にスマホを利用するために、バッテリーの持ちも重視しておきたいポイントですよね。

iPhoneとAndroidのバッテリーの持ちを比較してみると、iPhoneは通知ごとに画面がONにならないことからバッテリーが消費しにくいメリットがあり、Androidは機種にかかわらず比較的消費が速いと言われています。

iPhoneとAndroidの価格を比較!

iPhoneとAndroidは、どのくらい価格に差があるのか、とても気になるところですよね。

まずiPhoneの場合は、最新モデルでおよそ9万円からと意外に高額。

代わってAndroidの場合は、国内メーカーの高スペックの機種は10万円超える機種もありますが、海外のメーカーであれば1万円台でリーズナブルに買える機種も展開されています。

~最後に~

iPhoneとAndroidそれぞれの特徴、比較してわかるメリット・デメリットを把握できた今、自身にベストなスペックがそろそろイメージできるのでは?

最後に、iPhoneとAndroidがおすすめの人のタイプをまとめてみましたので、機種変や購入時の参考に役立ててくださいね。

  • iPhoneがおすすめなのはこんなタイプ!:操作がわかりやすいスマホを探している人、セキュリティ重視
  • Androidがおすすめなのはこんな人!:リーズナブルで最新機能の導入が速いスマホを探している人、見た目やデザイン重視