海外でも安心にスマホを使うために!事前の設定準備と注意点まとめ

グローバルに活動しているビジネスパーソンや、海外旅行が趣味の人にとって、海外でのスマホ利用はなくてはならない必須のものですよね。

海外旅行では、国の特性上、日本とは違ったシステムやルール・マナーが細かに存在しているため、スマホがあればそれだけで安心感を得られるメリットも。

そこで今回は、海外でも安心してスマホを使うために、事前の設定準備と注意点、スマホ充電器を使う際のお役立ち情報をわかりやすくお伝えしてみたいと思います。

海外でもスマホを便利に使うために!事前に準備しておきたい設定とは?

海外でのスマホ利用は、どんな目的やシーン、用途でスマホを使うことになるのか、それぞれに応じた設定用法をあらかじめ確認しておく必要があります。

ここでは海外でスマホ利用を使う、一般的なパターンに合わせた用途別の設定方法を見ていきましょう。

通話機能を使う場合の設定方法

海外では、インターネットを使わずに、通話機能のみを使う目的を持つ人も多いのではないでしょうか?

ここでは海外でスマホの通話機能のみを使いたい場合の、スペック別の設定方法をまとめてみました。

  • iPhoneの設定方法:「モバイルデータ通信」と「4G(または5G)」の設定をOFFにして、「音声通話ローミング」をONに設定、「データローミング」の設定をOFFに調整しましょう。
  • Androidの設定方法:「データローミング」の設定をOFFにしておきましょう。

海外で通話のみのスマホ利用は、相手から発信した通話を行う際にも受けた側に料金が発生し、その料金は各携帯電話会社によって変わってきています。

海外で電話を受ける可能性が多い場合や、日本からの電話着信を受けることがあると予想できる場合は、早めに各携帯電話会社でその料金を確認しておくと安心ですよ。

時計やカメラ機能を使う場合の設定方法

スマートフォンの海外利用で時計やカメラの機能のみを使う場合の設定方法は、iPhone・Androidともに設定方法が共通しています。

まず、iPhone・Androidそれぞれの飛行機マークとなる「機内モード」をONにシフトしましょう。機内モードをONにしておくだけで、通話料金やデータローミングの料金が一切発生しなくなりますよ。

無料Wi-Fiでインターネット利用を行う場合の設定方法

海外での情報収集などに欠かせないインターネット利用は海外でも、日本でも同じように空港やホテル、カフェなどの公共施設において、無料のWi-Fiを利用できるスポットが数多く存在しています。

Wi-Fiを利用することによって、LINEなどの通話アプリの利用や日本への無料通話も可能になるため、無料Wi-Fiがあるスポットも早めに確認・把握しておくようにしておきましょう。

海外で無料のWi-Fiを使ってインターネットに接続したい場合も、iPhone・Androidともに同じ設定方法となります。

  1. 「モバイルデータ通信」「4G(または5G)」「音声通話ローミング」「データローミング」のすべての設定をOFFにシフトします。
  2. 利用したいWi-FiのネットワークであるSSIDをセレクトし、パスワードを入力して完了です。

海外にて無料Wi-Fiを使うためには、メールアドレスが必要なケースもあるためこちらも早めに確認しておきましょう。

通話とインターネットをフル活用したい場合の設定方法

海外でも、これまで日本で使ってきたのと同じように、通話もインターネットもフル活用したい人の場合は、各携帯電話会社によってネーミングはさまざまになるのですが、海外パケット定額プランを利用することがおすすめです。

海外パケット定額プランは、

  • 高額になりやすい海外のパケット通信を定額プランで利用できる
  • 1日1,980円~2,980円と比較的リーズナブルに利用できる

という特徴やメリットがあります。

海外定額パケットプランの設定方法は、提携しているキャリアに手動で接続をした後、

  • 「データローミング」をONに設定
  • 海外へ出発する前に、あらかじめ各携帯会社のアプリをインストールしておく

という方法になり、スマホのスペックによって設定方法が変わってきていますが、各携帯電話会社のオフィシャルサイトにより詳しい手順や方法が掲載されているため、こちらも合わせてチェックしておくようにしましょう。

海外のスマホ利用の注意点!高額請求について

海外でのスマホ利用では、あらかじめパケット定額の契約をしていたのにも関わらず、別のキャリアに通信がつながって高額な請求をされてしまったというトラブル報告が意外に多くあります。

海外のスマホ利用では、知らず知らずのうちにユーザーが認識できていないデータ通信料が増えて高額な請求につながってしまうこともあるため、スマホの設定画面にて、「データローミング機能」を必ずOFFにシフトしておくようにしましょう。

海外でスマホ充電はできるのか?

海外でスマホを使うことは、もしかすると日本にいるときよりもスマホを使っている時間が長くなる可能性もあるため、それだけにバッテリーの消費が不安に感じることもあるでしょう。

海外のスマホ利用の充電にはいくつかの方法があり、こちらも事前に準備しておくツールがあります。

ここでは、海外でスマホの充電を行う際に準備が必要なツールと、そのやり方などについてのよくあるギモンにお答えしていきたいと思います。

スマホ電圧の確認

海外でスマホの充電をするために、まずはあらかじめ自身のスマホの対応電圧を確認しておきましょう。

充電器の本体にある表示を確かめ、「入力」または「input」と英語表記が書かれている部分に、充電器の対応電圧の記載があります。

  • AC100Vと記載されているもの:100Vの電圧の国で充電が可能、変圧器が必要になる
  • 100V~240Vと記載されているもの:変圧器不要でほとんどの海外で充電が可能

となっています。

必要に応じて変圧器の準備をする

自身が普段使用している充電器と、海外で利用したい電圧のレベルが異なっている場合は、変圧器を通してコンセントにつなげる方法になります。

変圧器はバリエーションがたくさんあるため、まずは行き先の海外の電圧に対応可能なのかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

変圧器はインターネット通販でも購入可能で、いろいろなサポートを受けたいビギナーの人の場合は、家電量販店で相談をしながら購入することも安心です。

コンセントの形状はどうなっている?

海外でスマホの充電を行うためには、コンセントの形状を確認しておく必要もあります。

コンセントの形状とは、コンセントに差し込む足の部分のカタチのことを言い、

  • 日本と同じような形状は2本の足
  • 海外によっては足が1本、3本のケースもある

ため、こちらも早めに確認が必要になります。

コンセントの形状が異なっている場合に用意するもの

コンセントの形状が違っている場合は、そのタイプに合わせて交換プラグを準備しておきましょう。

交換プラグは、

  • 単品で販売されている商品
  • 複数の形状がセットになって販売されている商品

といういくつかのバリエーションがあるため、海外への行き先が一か国でない場合は、複数の形状がセットになったタイプを購入しておくと安心です。

ポータブル充電器があると便利

海外でホテルやレストランなど、コンセントがあるスポットでは必要な準備とツールを用意しておくと、手軽に充電を行うことができますが、電源がないスポットの場合はポータブル充電器が必要になります。

特に海外では日本にいるときよりもアクティブに活動し、通話やメール、オンラインでのコミュニケーションはもちろん、スマホアプリの使用やカメラでの写真展動画撮影が必要になるケースも増えることが予想できます。

ポータブル充電器は、リチウムイオン式の場合は手荷物となり、持ち込みの個数に制限がかかっている可能性もあるため、利用する際は航空会社の規約をあらかじめ確認しておくようにしましょう。

~おわりに~

海外でのスマホ利用は、事前に確認しておくべき注意点と必要なツールの準備、充電における詳細を把握しておくことが、日本で使っていたのと同じように安心に利用できるポイントになります。

目的や用途に応じた準備、設定方法を早めに押さえて、海外旅行や出張を快適で安心のひとときに実現していきましょう。