今さら聞けない?Wi-Fiに関する素朴な疑問

どこでも使えてとっても便利なスマホ。なぜこんなに便利なのか?それはスマホが電話をする以外の通信機能を持っているからですよね。

動画を見るのも、調べ物をするのも、音楽を聴くのも、少し前までは端末そのものにダウンロードをして持ち歩くことも多かったのですが、最近では光速モバイル回線の普及により、「使いたいときにそのつど通信する」使い方が主流に。

最近の若者はiPodやウォークマンに曲を入れたりしないそうです。音楽アプリからストーリーミングで聞くのが普通だそうです。

そうなると、モバイル回線だけじゃなくWi-Fiも使って毎月のスマホの「ギガ」を節約したくなるもの。

じゃあ、

  • そもそもWi-Fiってなんのこと?
  • 無料で使えるギガのこと?
  • Wi-Fiってほんとに節約になるの?

分からないけど聞けない、そんな豆知識をさらっとご説明していきましょう。

スポンサーリンク

Wi-Fiってなんですか?読み方は?

Wi-Fiとは、いわゆる無線LANのことを指します。ワイファイと読みます。

デスクトップパソコンなどあまり移動しない機器には有線のケーブルでネット回線をつなぐのに対し、スマホやノートパソコンなど頻繁に持ち歩く機器は有線のではなく無線でネット回線をつなげられると便利です。

Wi-Fiには、家の固定回線に繋げて使うものと、携帯電話会社のモバイル回線を使うモバイルルーターというものがあります。

パソコンやスマホやゲーム機自体にWi-Fiを受信できる機能が付いていれば、固定回線とモバイル回線、どちらでも接続してWi-Fiを使うことができます。

またどちらの回線も月額使用量を支払う必要があり、料金はそれぞれの会社ごとに違いがあります。「完全無料で使い放題!」というわけではないんですね。

スマホのギガってなんですか?

携帯電話会社のCMなどで「ギガ」って言葉をよく耳にすることが多くなったと思いますが、この「ギガ」、これは動画アプリを見たり、SNSを見たり、無料通話アプリをするときにそのスマホで使えるデータの容量のことを指しています。

通信データは、いわば大きな水瓶から水道管を流れてあなたの手元へやってくるお水のようなもの。

月に1回その水瓶の中の水を満タンにしてもらい、そこからお水を引くたびに残りが減っていく、モバイル回線のギガ契約はそういうイメージです。

「データ定額パック」というような名称で、毎月使用できるデータ容量が決められているので、もしも月初めに動画をいっぱい見てしまうとあっという間に「ギガ」は消費され、残量が0ギガになってしまいます(ちなみにギガは単位で、1ギガバイト=1024メガバイトです。その下にキロバイト、さらにそれより小さいバイトという単位もあります)。

0ギガになって、動画が再生されなくなったりSNSの画像が表示されなくなったりするのが、「速度制限」「容量制限」と呼ばれる状態です。

Wi-Fiってどこで買えばいいですか?

固定回線からWi-Fiを飛ばすなら家電量販店に売っている「無線LANルーター」、持ち運びできるモバイルルーターが欲しいのなら、各携帯電話会社で回線契約をしてきましょう(感覚的には通話できない携帯電話が1回線増える感じです)。

それぞれのメリット、デメリットは以下になります。

固定回線+無線LANルーター

○速度制限がない

○光回線なので回線速度が速い

○光回線はモバイル回線に比べて安定しているのでスムーズに通信ができる

○何台も通信機器をつなげられる

×持ち運びできないので基本家の中でしか使えない

×使いはじめに回線工事が必要

モバイルルーター

○持ち運びができるので外で使える

○使いはじめに工事の必要が無い

×モバイル通信を電波で飛ばしているので受信の悪い場所だと不安定になる

×3日間で1ギガを越すと速度制限になるものもある

×家族で共用する場合、一人が外へ持っていったら一人は家で使えない・・・。

ご自分に合ったWi-Fiを選びましょうね。

Wi-Fiにかかる値段って高いですか?

前述したとおり、固定回線からWi-Fiを飛ばす(電波を出す)には、無線LANルーターが必要になります。家電量販店やamazonをみると分かるのですが、お値段はピンキリです。

飛ばす電波の規格や種類はもちろんのこと、住居が木造なのか鉄筋なのか、集合住宅なのか戸建住宅なのか、通信機器を何台繋げる予定なのかなどニーズによって性能にも差があります。

Amazonのカスタマーレビューを読んだり、お店で販売員の方に詳しい説明を聞いたりして、ご自分のお家に合った無線LANルーターを手に入れましょう。

ネット回線を新規で考えている方には朗報!今なら無線LANルーターがもらえる!

パソコンが無くても自宅でWi-Fiできますか?

このごろは高性能なスマホやタブレットが登場したおかげで、あえてパソコンを持たない方も増えてきました。

しかし固定回線を導入しWi-Fiを設定するためにはパソコンがないと無理なのでは?と初めからインターネット回線を諦めている方も少なくないようです。

実は、ネット回線やWi-Fiの設定をするためには、パソコンが必ずなくても大丈夫なんですよ。

今はスマホでカンタンに設定できるようにオンラインマニュアルや接続用のアプリが用意されていることがほとんどですので、スマホの操作に慣れている方ならおそらく大丈夫なはずです!

また、実際にスマホのみで接続したという体験談を公開しているブログなどで手順を参考にするのもおすすめです。

固定電話が無くても自宅でWi-Fiできますか?

固定回線=NTTのフレッツ光、ということで、インターネット回線を引き込むには、必要の無い固定電話の料金も払わなければいけないの?と思って導入をためらっている方もおいでるようです。

現在、固定電話は電話加入権が無くてもフレッツ光を使用した「ひかり電話」というIP電話を設置することができるのですが、光回線を開設する時に必ず必要というわけではありません。

ご不要の場合は「フレッツ光」と「プロバイダ」の契約で、ネット回線のみを導入することが可能です。

この2つをまとめた「光コラボレーション」というタイプの回線なら回線とプロバイダ契約がひとつに合わさっているので、契約先は1つだけとなりさらに分かりやすくなっています。

家族や友達にもWi-Fiを使わせてあげたいのですが・・・

1本の光回線をみんなで分配して使えるのもWi-Fiのメリットのひとつ。

たとえばスマホなら使用できるWi-Fiのアクセスポイントをキャッチすると接続のための設定画面まで誘導されてパスワードの入力画面が出てきますので、そこであらかじめ決められたパスワードを入力するだけ。

これでご家族やお友達もあなたのお家のWi-Fiを使うことができるようになります。

お店やカフェなどで、パスワードの入力が必要ないオープンなWi-Fiアクセスポイントもありますが、個人情報など重要データが流出してしまう危険性も理論上は考えられますので十分な注意が必要です。

なんとなく使っていたWi-Fiのこと、わかりましたか?

これからも快適なスマホライフを送れる様、自分のネット環境を見直してみましょう!

固定回線ならWI-Fi使い放題!無線ルータープレゼントキャンペーン中

スポンサーリンク

スポンサーリンク