インターネットの快適な速度はどれくらい?用途別の安定速度と測定方法を解説!

安定したインターネット環境・通信に欠かせないWi-Fi。

普段は何気なく利用しているWi-Fiでも、インターネット通信に快適な速度が気になりませんか?

今回はインターネットの快適な速度通信の目安と、自分自身で手軽にWi-Fiの環境や速度をチェックできる測定方法を解説!

インターネットの遅さやWi-Fi通信のトラブルが気になる人はぜひ、安定した回線速度の目安を早めに押さえておいてくださいね。

Wi-Fiの安定した快適速度はどのくらいなのか?

サクサクとスピーディーに流れていく理想的なインターネット通信は、どのくらいの速度が快適と言える目安になるのでしょうか?

ここではインターネット通信の要となるWi-Fiの速度と、通信速度の単位の見方を一緒にチェックしてみましょう。

通信速度の単位とその意味合いについて

インターネットやWi-Fiの通信速度の単位はbpsという単位があり、この数値が大きいほどにインターネットの通信速度が速くなる仕組みになっています。

Bit per secondの略語であるbpsは、1秒間にどのくらいのbitのデータを転送できるのかを現した数値となり、たとえば、1,000bpsは1Kbps、8bitでは8Mbpsの場合なら1秒間におよそ1MBの通信が可能であることを示しています。

快適な通信速度の目安と上り・下りについて

インターネットの流れに不備やストレスを感じずに利用できる数値は、

  • パソコンの場合:10Mbps
  • スマートフォンの場合:5Mbps

が適切だと推奨されています。

インターネットの通信速度には、

  1. 送信やアップロードにかかわりのある上り
  2. 受信やダウンロードにかかわりのある下り

のふたつが存在し、メールの受診やWEBサイトの閲覧、さらにはYouTubeなどの動画を見る際でポイントになる通信が下りとなります。

パソコンやスマートフォンでインターネットを利用しているシーンで、サクサクと流れがスピーディーに感じるのは、下りの通信速度が速いための理由があるのです。

インターネットの通信速度の注意点について

インターネットの通信速度で注意しておきたい点が、ネット契約時に表示されている最大の通信速度について。

ベストエフォート方式という回線事業者が提示するインターネット通信速度の最大数値は、あくまでこの程度である目安の数値となり、いつもこの速度でインターネット通信ができると保障されたものではないのです。

光回線のインターネット通信の場合は、ベストエフォート方式の3~6割程度の速度となることが一般的と言われています。

用途別に解説!インターネットの回線速度の目安をチェックしておこう

ストレスフリーにインターネット通信を利用し、安定した環境をキープしておくためには、インターネットを利用する用途別の快適な速度を知っておくことも安心のポイントです。

ここでは、メールやLINE、WEBサイトの閲覧をする際など、用途別に知っておきたいWi-Fiの最適な通信速度を目安について解説してみたいと思います。

メールやLINEを使う際の快適な速度とは?

インターネット利用で欠かせないメールやLINEの快適な速度は、下りが128kbps~1Mbpsが目安の数値となっています。

128kbpsの数値は、通信制限がかかったときの速度となり、メールやLINEのテキストのみのやり取りであればこの通信速度では問題がないと考えられています。

ただ、メールやLINEに容量データの大きい動画や画像ファイルが添付されている場合は、ダウンロードが完了するまでに時間がかかる傾向にあります。

Webサイトを閲覧するシーンでの快適な速度は?

インターネット利用でWebサイトを利用するシーンでの快適なWi-Fi通信速度は下り1Mbps~10Mbpsが理想と考えられています。

チェックをしているWebサイトに、画像や写真が多く掲載されている場合は、最低でも3Mbpsの通信速度が必要になり、テキストがメインのWebサイトであれば、1Mbps程度でも問題なく閲覧が可能になっています。

動画を視聴するシーンでの目安の通信速度は?

動画はテキストや写真に比べると容量データが多い分、これまでよりも優れた通信速度が必要になります。

インターネット利用でメインに動画を視聴する場合の最適な通信速度は、下り5~20Mbpsが目安。

ただこの数値は解像度によって異なり、高画質動画である4Kの視聴をする際は25Mbpsは確保しておくと安心でしょう。

YouTube視聴シーンに最適な通信速度

定番の動画サイトであり、ユーザーが多いYouTubeに関しては、次の速度が快適・安定していることが推奨されています。

  • 4Kの場合:20Mbps
  • HD 1080pの場合:5Mbps
  • HD 720pの場合:2.5Mbps
  • SD 480pの場合:1.1Mbps
  • SD 36pの場合:0.7Mbps

インターネットの通信速度を自身で測定できる方法!

インターネットの通信速度やWi-Fiの状態は、この分野にスキルや知見、技術を持ったプロでなければできないイメージがありますが、実は自分自身でも手軽な方法で測定が可能になっているんです。

カンタンな速度のテストができる方法、おすすめのサイトを集めてみましたので、安定・快適なインターネット環境を早めに取り戻すための参考に役立ててくださいね。

Googleの「インターネット速度テスト」が便利

セルフで現在のインターネット通信速度を測定するためにもっとも便利でおすすめなのが、Googleのインターネット速度テスト。

Googleからの検索で、

  • インターネット速度テスト
  • スピードテスト

と入力してリサーチをかけると、トップ画面に関連した情報がUPされます。

Googleの検索バナーからのリサーチでトップ画面に情報がUPされたら、青色の「速度テスト実行」のボタンをクリックするだけで、

  • 現在接続しているインターネット回線の通信速度計測がスタートする
  • 20秒程度でのぼり、下りの両方のスピードが測定できる
  • のちに回線速度に関連したコメントが表示される

という流れになります。

Googleはインターネットユーザーの多くがインストールしているアプリでもあり、余計な料金は一切かからず手軽な方法で測定が可能となっているところもおすすめのポイントです。

インターネット速度を計測できる専用サイトを使う

インターネット環境やWi-Fiの状態、通信速度の測定は、前項でお伝えしたGoogleのインターネット速度テストの他にも、専用サイト利用の測定が可能になっています。

ここではインターネット速度の計測に利用しているユーザーが多く、使いやすいと評判の専用サイトをまとめてみました。

ご紹介するすべてのサイトは、Googleからの検索ですぐにヒットしますので、特徴やメリットを見ながらベストなツールを利用してくださいね。

Fast.com

大手動画配信サービス会社からリリースされたこちらの専用サイトは、パソコンやスマーフトフォンから検索、アクセスを行うだけで接続している回線速度がスピーディーに計測され、リアルタイムの表示を確認することができます。

Fast.comにてはじめに大きく表示される、

  • 「お使いのインターネットの速度」が下りとなる
  • 「詳細を表示する」ボタンのタップで右下に表示されるのがアップロードで上りになる

というわかりやすさもユーザーが増えている理由となっています。

みんそく

みんなのネット回線速度の略語となる「みんそく」は、多機能な計測やリサーチができる専用サイトです。

みんそくの利用では通信速度をはじめ、

  • 複数の地域をサーバーをターゲットにしたping値
  • プロバイダ名
  • ホスト名
  • 接続方式の判定

などをトータルで行うことができるため、優れた機能性のある専用サイトを探している人にもおすすめです。

おわりに

インターネットの通信スピードの遅さにイライラしてしまうことも少なくはない中、快適な速度の目安を知っておけば、慌てることなく対処できそうですね。

最適な速度の目安を押さえながら、Wi-Fiとインターネット通信の安定した状態をキープするため、

  • ルーターの再起動や位置の変更
  • 有線接続への切り替え
  • 通信速度の速いプロバイダへの切り替え検討

などのメンテナンス・対応も並行して行っておくようにしましょう。