空にいてもWi-Fiを楽しめる!その内容とは?

空の上でWi-Fi…ということができるようになりました。どういうことか?それについて話していきたいと思います。

スポンサーリンク

「空の上でWi-Fi」とは?

「空の上でWi-Fi」とは、現在航空会社が提供しているサービスで、飛行機の中でWi-Fiが楽しめるというものです。旅先でどんなところで遊ぼうか、などの観光スポットや何かおいしい店はないかといったグルメスポットを探したりできますし、ビジネスシーンにおいてはメールのチェックなんかもできそうですよね。使い方は幅広く、非常に良いサービスだと思います。

使うには一定の条件が必要

しかし、飛行機の中でそういったモバイル端末を使うためには、一定の条件が必要なようです。近年とあるモバイル端末が飛行機の中でバッテリーが発火したという事件も起きたことから、飛行機の持ち込みできる端末は限定されています。

電子機器本体は、充電池内蔵のもので、iPhoneなどバッテリーが取り外せないもの小さな端末が160Wh以上になることはないので、持込は可能です。160Whというのは、モバイル端末についているバッテリーの容量をさし、これを越えるものは(まず無いですが…)持ち込みできません。

予備電源(モバイルバッテリー)は、大容量でも100Whには満たないので、持ち込みは可能となります。

が、ここで注意したいのは、持ち込みは可能ですが、荷物としての預け入れは不可ということです。ただ手荷物としてノートPCをキャリーバッグに入れて…というのは、輸送時キャリーバッグの損傷は基本的に保証されないので、やめたほうがいいですね。

常に飛行機の中でWi-Fiが使えるワケではない

飛行機内でWi-Fiが使えるとはいっても、実はある制限があります。それは、「離陸して軌道に乗ってからはじめてWi-Fiが使えるようになる」という点です。また、「軌道に乗った後に着陸態勢に入る際にはWi-Fiが自動的に切られる」という点も注意しなければなりません。

まとめ

首都圏や都市部では地下鉄などで無料Wi-Fiが常設されている昨今、空の旅でも無料Wi-Fiがつかえる世の中になってきました。国際線でもWi-Fiが使える旅客機も出てきております。海外旅行へ行くにも、こういうサービスを有効に利用して、良い旅にしたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク