OSのアップデートしていますか?アップデートをする理由

パソコンでも、スマホやタブレットでも、どんな端末でもOS上で動いてます。しかし、OSとは何か?OSのアップデートはしなきゃいけないのか?といった部分の知識が一般的に薄れているような気もします。今回はOSについての話を。

スポンサーリンク

まずOSとは何か?

OSは「オペレーティング・システム」の略です。コンピュータやモバイル端末全てに入っており、人がアプリケーション等を使えるようにする役割があります。基本ソフトウェアとも呼ばれています。

OSの種類はいっぱいあります。代表的なところを言いますと、Windows、Mac OS、モバイル端末でいうとiOSもOSの1つですね。このOSがあるからこそ、人間がスムーズに機械語を使わずとも体感的にコンピュータに命令、実行などを行えるのです。

OSをアップデートする理由

そんなOSですが、コンピュータを使っていると「アップデートしてください」といった類のメッセージが出たことは無いですか?大概、OSのアップデートというと「アップデートに時間がかかる」「面倒」みたいな印象があるのではないでしょうか。

ここでちょっと回り道をしますが、アップデートといっても「メジャーアップデート」と「マイナーアップデート」の2種類があります。最近ですと、iPhoneのiOSが10.3.2から10.3.3にアップデートされました。こういう小さい数字が上がるのは、基本的には「マイナーアップデート」と呼ばれ、主に見た目の大きな変更の無い、一部の小変更をすることを指します。「メジャーアップデート」とは、今秋(2017年秋予定)に控えているiOS10から11になるといった、見た目も使い勝手もガラっと変わるものと思ってもらえれば分かりやすいと思います。

「メジャーアップデート」は頻繁に行われることは少ないと思います。今回焦点を当てたいのは「マイナーアップデート」です。

小変更といってもやっておくべきアップデート

先程マイナーアップデートは「一部の小変更」と言いました。しかし、この小変更には普段コンピュータを使っていく上で大事な変更が含まれることが多いのです。OSといえど完璧ではなく、悪意のあるユーザーによってパソコンが乗っ取られたり、脆弱性をついたウイルスの感染といった、いわゆる「セキュリティホール」があることがあります。
それらを防ぐ、更新してセキュリティホールを埋めるのが、今回のマイナーアップデート、定期的に行われるアップデートになります。

ここまで話せば、アップデートの重要性はお分かりですよね?普段から安全にコンピュータを使う為にも、このアップデートはとても重要なのです。

OSのアップデートは普段使っていない時に行う

最近ほとんどのOSは、アップデートに時間がかかったり、再起動などを行ったりと、そのコンピュータが一時的に使えなくなります。なので、例えばWindowsであれば、定期的にアップデートの準備が出来たら、夜寝る前のシャットダウン時にアップデートするという方法がとれます。また、モバイル端末も、寝る前にOSのアップデートをスタートさせてから寝てしまえば、朝起きた時には完了しています。

このように、最近では普段その端末を使っていない時にアップデートができるようになっていますので、是非アップデートをしましょう。

注意事項!アップデートの際にやってはいけないこと

OSのアップデートは時間がかかります。先程言ったように、シャットダウン時や寝る前にアップデートをかけておけば、アップデート完了後は自動的に電源が切れます。ここで注意したいのは、絶対にアップデート中に電源を切らないことです。アップデート中に電源を切ってしまうと、最悪、OSの構成が壊れてしまい、最悪起動しなくなります。アップデートしたからには、何も触らないようにしましょう。

「メジャーアップデート」の時は、可能な限りバックアップを取りましょう。モバイル端末であれば、バックアップを取る機能はついています。メジャーアップデートをした後に、正常に完了したにもかかわらずOSが動かないといった事例もありますので、OSを戻す手段というのも知識としてもっておいて損はありません。

まとめ

普段から使っているコンピュータやモバイル端末のOSのバージョンを知り、適切にアップデートすることにたいして「できない」「やったことないから触らない」人が少なくありません。便利になった反面、基本的な認識が抜けてしまっては、後で何が起きても自己責任になります。セキュリティ面から言っても、OSのアップデートは本当に必要ですので、アップデートは必ず行ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク